「ほっ」と。キャンペーン

微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

ティウ先生との出会い

サイアムにコンタクトを取ってみると
変則的な受講パターンでもOKとの回答が来ました。

既にオールドメディシンに行く期間と
日本へ帰国する日は動かせなかったので
サイアムには五月雨式にポツポツと通うスケジュールになりました。

サイアムで果たしていつからルーシーダットンを教えていたのかは
定かではありませんが、2004年には保健省付属学校を卒業し、
その学校でトレーナーとして仕事をしているリンダ先生のほうで
ルーシーダットンのポーズを選定、構成していたようです。

リンダ先生はなかなか厳しい方だったようで彼女に習った人は
「ルーシーダットンは大変」という印象を持っていたようでした。

一方で2005年の4月以降に受講した人の感想は
「優しい先生だけどポーズは結構チャレンジ精神が必要なものも多いし
達成感も得られる」といった意見を耳にしました。

厳しい先生と優しい先生…いったいどちらの先生に習うのかなと思いつつ
サイアムに行ってみると、バレリーナのような背中に
メイクアップアーチストの藤原美智子さん似のタイ人女性がいらっしゃいました。

その方が優しい先生=ティウ先生でした。レッスンの前には
タイ古式マッサージの始祖シーヴァガ・コマラパ(釈迦の主治医と言われている)に
お水と香を供えることからスタート。

マンツーマンだったこともあり初日でテキスト掲載のポーズは一巡し、
タイ人向けの日本語教材を見ながらタイハーブのお茶を飲みながらお喋りする
・・・といった何ともゆるーい雰囲気でレッスンはスタートしました。

あの当時の自分を振り返ると、とても幸福な時間を過ごしていたと思います。
もっとも、あの当時に日本からタイに学びに来ていた人達も
良くも悪くも野心を抱いていた人が多かったような。

次回はそのあたりについてもブログに残しておこうかなと思います。
続きはこちら



[PR]
by rusiedatton | 2009-02-15 17:28 | 回想録