「ほっ」と。キャンペーン

微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

進むべき道

相談したタイ舞踊時代の恩師=rujira先生
当時は以前に所属していた舞踊団を離れヨガを教えながら
いろいろと模索していた時期であったと思います。
とはいえ、舞踊団に所属していた頃も競合が激しいカルチャースクールで
講師として複数のクラスを維持していた人だし(後任の講師になってからは
維持できなかったこともあったりした。。。)何か参考になるかも…と思いました。

まずは・・何かの団体に入るべきか否かについて・・・。。

恩師のrujira先生はヨガに関しては1980年に設立された老舗の団体に所属しています。
ルーシーダットンに関しては一番古い大槻先生の団体でも設立は2003年。
rujira先生が言うには実績と活動年数なりに活動範囲を拡大出来ている団体なら
所属する意味もあると思うけど数年だと団体としてどうなのか判断が難しい。
団体の性質が自分に合わない場合は逆に活動もしにくくなると仰り
ヨガブーム到来までのヨガ先駆者の皆さんがたの公民館などでの
地道なヨガを広める活動について語られました。

良い団体かどうかの見極めとして「他流を排斥しない」「分派についても認める」
・・・といったことも大事だとも。

他に印象に残っている言葉。

「講師としての資質は経験年数や所有資格で必ずしも判断はできない。」
「外国由来のものを教えるなら本国の先生とのつながりは重要」

まずは・・とっかかりは謎ながら始めないと始まらないよな。
そんな気持ちになって帰宅し、近所の公民館の使用登録に行った2005年夏。

それから間もなく、rujira先生から連絡が来ました。
「都内のスタジオ借りたからワークショップやってみない?」

つづく
[PR]
by rusiedatton | 2009-02-25 14:50 | 回想録