微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

2006年6月の特許騒動

2006年4月に第二回目のワークショップを終えてから
7月には第二回目のワークショップ開催地とほどちかい
茨城県ひたちなか市での初★奉納タイ舞踊を控え
練習はしつつ・・何だかぼんやり過ごしていたような気がします。

そんな2006年6月に下記の事件↓は起きたのでした。。。
http://thaina.seesaa.net/article/18419901.html

この時に特許申請をした人物とは
2005年5月にバンコクで会ったことあったしね。。。
その頃には「タイには行ったことないけど
日本でルーシーダットンのインストラクター資格取りました」って人も
結構たくさんいたかも。。

もっとも日本では既に2002年からルーシーダットンを日本に紹介しようとしていた人たちも
特許申請した人物や団体とは別に存在してたはずなのに。。。。

周辺では特許申請した人物や団体とは関係なくルーシーダットンの講座を持っていた人は
こんなことを言われたらしい、タイでタイマッサージ関連の勉強しに行ったら
「帰国して特許申請されたら困るから」・・と受講拒否された、
あるいは所要時間数を増やされた等々いろんな情報が入ってきてしまいました。

個人的には特許を申請するという考え方には絶対に反対でしたけども
じゃあ、何処かの団体に入りさえすれば問題は解決するのか???

そのときにタイ舞踊のルジラー先生から
「4月のワークショップに参加したインドヨガの先生もルーシーダットンはなかなか面白かったって言ってたよ。公共施設が取れなくても会場を提供してくれる人がいるのであればやってみたら??」
・・・と背中を押され、7〜9月にかけて三回にわたりワークショップを自主開催する決意をしました。

特許騒動の行く末はわからないものの、継続開催に意味がある・・と、その時は信じていたのです。

次回につづく



[PR]
by rusiedatton | 2009-03-29 16:27 | 回想録