「ほっ」と。キャンペーン

微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

カテゴリ:回想録( 25 )

天狗トレイル2008

思い出話です。

2008年10月下旬の天狗トレイル2008にて
準備体操としてのルーシーダットン、
及び完走者向けアフターケアでの参加。
a0118331_16513118.jpg

今思い出しても非常に有意義でした。

アフターケアの際に準備体操に関しての感想なども聞くことが出来、
すごくモチベーションがあがりました。

もっとも・・・いつものように
「普段はどこで受けられるんですか?」
・・・この質問に対して
「普段は会社員なのでこういうイベントのときしかやってないんですよ」
・・・と答えるのは非常に心苦しかったです。

この頃は、まだ踊りに関して執着めいたものもあったので
天狗トレイル開催前日にはクイーンハリシュのワークショップへ参加、
天狗トレイル当日に終了後は東中野までクイーンハリシュのショーを観に行き、
天狗トレイルの翌日にはクイーンハリシュのワークショップへ参加・・・・

本当に常軌を逸しておりました。

いろんな方向から肉体をケアすることは自分なりに考えてはいたので
体調崩すことなく飛び回れてはいましたが。。。

飛び回る一方で地道な活動にいつからシフトするべきか・・・
結構考え込むことも増えて来た頃でもあります。

関連サイト
http://plaza.rakuten.co.jp/himapaan/diary/200810280000/
http://ameblo.jp/yuki731/entry-10156888528.html
http://blog.goo.ne.jp/yoshio715/e/59a81cbe5536ea92b9650008a118e8eb
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-23 16:55 | 回想録
思い出話です。

2008年7月中旬の地元イベント打ち上げでのルーシーダットン披露から
10月下旬の高尾山天狗トレイルでの準備体操としてのルーシーダットンまでの間が
3ヶ月以上開いています。

タイに修行に行っていた…訳ではなく(苦笑)

そろそろ踊りの活動を終りにしようと思い納得して終われるように練習と出演を繰り返していました。

7月下旬の新宿クムクムマハラジャ出演、
高尾ツリーダムでのビアガーデン出演、
8月初旬のひかり祭出演、
9月下旬のナマステインディア出演、
10月初旬の井の頭公園での野外パフォーマンス、
10月中旬の高野山でのエスニックフェスティバル出演。

…本業が会社員にしては常軌を逸した出演強行ですね。
冷静に考えると、これだけ出演抱えてると地道にルーシーダットンで活動するってのは
不可能だったな…と諦めが着きます。

とはいえ地道な活動に集中するためには踊りの世界で
自分なりにやるだけはやったと納得することも必要なプロセスだったのだと思います。
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:54 | 回想録
思い出話です☆

札幌から戻った翌週(2008年の7月)に住まいの近くで
アジア文化の体験講座をシリーズで開催してる人が主催する仏教美術の講座と打ち上げがあるから…
という話を講座参加常連の友人(でも住まいは近所ではない)から聞き参加してみる事にしました。

近所でもこういう講座やってる人もいるんだ、わざわざ遠くから参加する人もいるんだ…と驚かされました。
結果的に打ち上げの時にはルーシーダットンも披露することになりましたが(^^;)
この頃は自分の頭の中には地元で何か開催するという発想が全く無く
「近場で講座開いてるんですか?」との質問に気まずい思いもしたような。
a0118331_16265574.jpg

現在、この異文化体験講座は活動休止中なのは残念です。
とはいえ地元に目を向けさせてくれたと言う意味でありがたいイベントだったかと思います。

関連サイトのリンク
http://haneda.keizai.biz/headline/66/
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:53 | 回想録

札幌のイベントで☆

思い出話です。

2008年7月初めは札幌へ☆
洞爺湖サミットが開催されてました。

虔十の会さんは北海道在住のアイヌのシャーマン、アシリレラさんの協力のもと、
「やおよろず地球まつり」を開催することになっていました。
a0118331_16195648.jpg

そこで何故かルーシーダットンのミニワークショップを開催することに。
しかもコンセプトは「和服でも出来ちゃうエクササイズ」。
かって友人宅でルーシーダットンを教えてほしいと言われ行ってみると
和服姿で着てる人がいたので「やる気ない人がいるならやらない」と言い放った狭量な自分から
すると大きな進歩です。

全体的に受けたかどうか非常に微妙な部分もあったような気もしますが
客席でアシリレラさん大真面目に取り組んで盛り上げて頂いた事に大感謝でした。

アシリレラさんに
「このポーズ気に入ったから続けるわ~」
…と言われたポーズは今でも毎回じゃないけどレッスンで良く使ってます♪
a0118331_16224835.jpg

今にして思うと本当に定期的なレッスンもこの時期に地道に開催しておくべきだったと思いますが
後の祭です(T_T)

当時は会社員の余興レベルの気安さで話があればホイホイ受けてたような気がします。

関連サイトのリンク
http://plaza.rakuten.co.jp/himapaan/diary/200807090000/
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:52 | 回想録
思い出話です。

2008年6月15日には目白のFlowJojonyにて
エスニックフェスティバルvol.1聖霊降臨祭(ペンテコステ)なるイベントを開催しました☆
a0118331_16141828.jpg

所々トホホな点も多々ありましたが出店者によっては結構盛り上がっていたのかなあ???
ルーシーダットンのワークショップは二つの時間帯で開催しました。
タイハーブのワークショップ開催は結局はこれが最後になりました。

複合型イベントを開催する難しさを痛感しました。
中でも最大の反省点は事後処理において会場に迷惑をかけた事です。
この時点でイベントに沢山の要素を盛り込むのは自分の能力を超えてるなと思いました。
でもルーシーダットンに的を絞るべきなのかイベント主催でやってゆくべきなのか、
この頃はまだ迷っていました。

…7月には札幌のイベントでルーシーダットンを披露するというプロジェクトも控えていました。

関連サイトのリンク
http://ethnifes.exblog.jp/8431662/
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:51 | 回想録
2008年5月下旬はタイで修行した藤川チンナワンソ和尚主催の「おシャカさん誕生祭」にて
ルーシーダットンのミニワークショップを開催しました。
a0118331_16105592.jpg

今にして思うと、あの時期は素晴らしい流れに乗っていたように思えます。
ただ会社員生活優先だったのでイベント的に出る機会は多かったにも関わらず
自分で地道にワークショップを主催&継続するという姿勢に欠けていました(T_T)

この年は6月には賑やかしイベント主催に関してのリベンジ企画を目白で開催したりもしてました。

この話は次に続きます。

関連サイトへのリンク
http://omoroibouzu.blog35.fc2.com/blog-entry-175.html
http://plaza.rakuten.co.jp/himapaan/diary/200805280000/
http://omoroibouzu.blog35.fc2.com/blog-entry-64.html
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:50 | 回想録
思い出話です。諸事情あって何人かで集まってのイベント開催が頓挫(苦笑)
2008年3月にはルーシーダットンのワークショップを再開することになりました。
再開時にもビギナーズラックは効くのか???
集客も今から思えば友人・知人に一切頼らなかったわりには結構楽だったように思います。

当時はルーシーダットンのワークショップ自体が
特許騒動のあおりか減少気味だったのも幸いしていたのかもしれません。

東京の文京区での開催でしたが
近県から来てくれた方々もいらっしゃいました。
a0118331_10342786.jpg

ただその後の練習日程などを体系的に決めてなかったため
今にして思えば勿体無いことも沢山あったかと思います。

当時はこのままずっと会社員続けていくのかな・・とも思っていたし。

とはいえ、ワークショップそのものはそこそこ好評だったことに気を良くして
機会があればまた何かやってみたいなあと思いました。

3月の春分の日前日には友人のマリーチさんに誘われて
高尾山で開催のアシュタンガヨガのワークショップに出てみることにしました。
そのときの模様はこちらでチェックできます!

そして・・その後は会場となった和居和居デッキ(今はないです。)に居残っていると
何とも幻想的なキャンドルナイトがはじまりました。
a0118331_10451994.jpg


この場所でルーシーダットンのワークショップをやってみたい!

そう強く思った私は帰宅後しばらくしてから和居和居デッキを運営する虔十の会さんに連絡を取りました。
そして4月にルーシーダットンのワークショップが開催されることになったのです。

続く・・・・。
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:49 | 回想録
2008年4月初旬に和居和居デッキでルーシーダットンのワークショップを開催しました。
和居和居デッキは高尾山中腹に高尾山トンネル工事を「観察」するために設置されていました。
a0118331_1613993.jpg

今にして思うと「妨害」「反対」「抵抗」というよりも仏教的な意味での「観察」がしっくり来ていたと思います。
このワークショップで現在はエジプト民族舞踊&ベリーダンスとのコラボレッスンで協力頂いてる腹出し師のサリーさんがルーシーダットン初挑戦し、虔十の会の皆さんとも仲良くなれた思い出深いイベントでした☆
この年の5月には瞑想体験がキッカケで知り合った藤川和尚のイベントへの参加も控えてました。

関連サイトのリンク
http://adisesa.exblog.jp/7798114/
http://plaza.rakuten.co.jp/himapaan/diary/200804070000/

次回へ続く。。。
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-22 10:49 | 回想録
久々に2008年あたりの思い出話です。

2008年1月に主催したミニイベントのカノムピーマイの好評に気を良くして
2008年2月3日にはConnect with the earth vol.2~春の女神・めざめ~ってイベントを主催しました。
・・・・もっとも主催といっても実際に関わったのは
出資と反響調査の意味で予約受付の部分のみではありましたが・・・。。
反響調査の部分で「こんな企画内容で継続しても世の中の需要に合わないのでは?」と
薄々気づいてしまう部分もあり。

・・・・嫌~な予感。。。。
早朝からのルーシーダットンのレッスンも組み込んでみました。

いざ当日。
あいにく早朝から大雪。にも関らずレッスンにはそこそこの人が参加。
真冬のルーシーダットンの効果も発見・・とそこまでは有意義だったかも。
・・・だがしかし・・午後になっても雪はガンガンと降り続き、午後のプログラムは大コケ。
出資した私は大損という大災難なイベントとなりました。
何万円かの赤字を出しました。

・・・しかし当時の関係者には次回熱烈待望論もあるにはあったようでした。
もはや気力・体力・財力の限界に来ていた私としては続ける意思もなく。

てなわけでConnect with the earth は続けたい人に譲ることにしました。
譲ったもののそちらは継続できてないようでありますが。

既に3月にはカノムピーマイのようなミニイベント用に会場も確保していましたが。
そちらはルーシーダットンのレッスンとタイ舞踊のレッスン用に使用することにしました。

今にして思えばこの頃からレッスンを開催するときは
必ず次回のレッスンを計画しておく癖をつけておくべきでした。
・・・ってのは後の祭りでありますが。

たまにはこうして過去を整理する作業も悪くはないですね。
大コケイベントの詳細についてはマリーチさんのブログに詳しく記述されています。
[PR]
by rusiedatton | 2009-10-05 09:38 | 回想録
思い出話と言うことで2007~2008年あたりの話を書いています。

2007年11月に初主催イベントをまがりなりにも開催し、
長期に渡る体調不良も12月にエネルギーヒーリング中にふと思い出した
2000~2001年頃に師事していた中国人の気功の先生の言葉(呼吸法に関するもの)を
思い出したのをキッカケに何故か復調、その後、タイで修行した藤川チンナワンソ和尚の瞑想会にて
ヴィパサナー瞑想と出会ったり・・とまあまあの状態で2007年を終えました。

2007年は1月に港区の青松寺で「お寺で六時間」(略称:おてろく)という
大型イベント(内容は「六ヶ所ラプソディー」の上映とゲストのトークセッション)で幕開け。
初主催イベントでお世話になった友人のマリーチさんによるルーシーダットンのミニワークショップ
プログラムに入っていました。。。

いろんな意味で・・・目から鱗のイベントでした。。
実はこの時期は私はイベント企画&主催に集中し、
インストラクターとして活動しないほうが寧ろ良いや・・・とか思っていたのですが
”おてろく”で活躍するマリーチさん、案外と真剣に取り組む観客の方々を見ていると
もっとちゃんと世間サマに対してもアピールしていくべきでは・・と考えてしまったのです。

奇しくも”おてろく”の翌日は第二回主催イベントのカノムピーマイ
こちらは私の担当はタイハーブのコスメ作り。
ルーシーダットンのインストラクションはマリーチさん。
内容的には満足できたし規模は身の丈感があって悪くなかったんでは・・ないかな~と思います。

しかし・・・このイベント前日に目の当たりにした”おてろく”の印象が強烈で
2008年は分不相応を目指し奔走する1年になってしまうとは・・・不思議なものですね。。。
[PR]
by rusiedatton | 2009-07-25 19:38 | 回想録