「ほっ」と。キャンペーン

微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロシアつながり?

どういう訳だか私の周辺には前世がロシア人だったと自認する人が複数いらっしゃいます(笑)

ホロスコープ鑑定の世界では「前世はこういう傾向の生き方をした人だった」だとか
「前世で思い残す事があったのかどうか」「前世で思い残した事が今世にどう影響してくるか」
・・・・なんて話をすることがあったりもするのですが、
個人的には前世がどうだったかを科学的に検証することは不可能だと思ってますし、
幼少の記憶を辿ってもどうしてそうなるのか理由がわからないことについて
前世との関連付けと捉える事でスッキリと前に進める人もいるので
「楽になる方便として」前世について言及するのはアリかなあと。。

さて、前世ロシア人を自認する方々から、たまに「ロシアで会ったよね?」なんて事も言われますが
記憶がないのは残念です(苦笑)

今は2/7に開催予定の「カードを使ったクリスタルセラピー勉強会」について下準備を進めています。

下準備で図書館に向かってる途中、前世ロシア人を自認する友人から携帯にメール入りました。
そして、↓のような画像添付されてるし。。
a0118331_1558586.jpg

なんでも1/18にロシア正教の儀式「スズダリ」の一場面を写した画像らしいです。

見てるだけでも寒そう。。。。。

そして目指す図書館が見えてくると・・・何だかロシア風!?
a0118331_161555.jpg

中に入ると書道ギャラリーとして使ってる和室もあったり何だか良い感じ♪
a0118331_1624216.jpg


図書館で「7つのチャクラ」って本があったので久々に集中して読みました。
a0118331_1634522.jpg

実は10年以上前に読んだ事あるのですが改めて読んで良い本だな、、と思いました☆

「7つのチャクラ」とロシアは殆ど関連がありませんが、、
著者に大きな影響を与えたアラスカ在住の女性はロシア人と先住民のアタバスカ族のハーフだとの
記述がありました。

本当に前世でロシアに関わってたならもう少し寒さに強かったらありがたかったです(苦笑)
[PR]
by rusiedatton | 2010-01-21 16:09 | 四方山話

体温アップが重要

最近はトークセン施術の場を提供して頂いていた横浜中華街のサロン「姑娘」が
横浜の鶴見に移転、「Siesta&Jasmin」と名前を変えてオープンするのでそちらの宣材制作もしております☆

制作したチラシはこんな感じ。。
a0118331_10294643.jpg


a0118331_1030394.jpg

詳細は「鉄は熱いうちに打て!」ブログに掲載しております~。。

オープンするサロンでは最新鋭の痩身マシン「サーモシェイプ」がメインとなります。

数ヶ月にわたって横浜中華街でサーモシェイプ施術を練習していたスタッフさんを見ていて気付いたこと、、

最新鋭の痩身マシンの効果を最大限に引き出すためには体温が高くないと!!

・・・・ということでした。。


体温が低い=冷え性だと脂肪を確実に燃焼できる温度まで上げられない、
従って体温が高い人と同じ時間施術を行ったとしても効果が出るのに時間がかかるのです。

というような事情があるのでせっかく施術を受けるなら十分代謝を上げてからのほうがお得、、と
「Siesta&Jasmin」側ではゲルマニウム温浴やリンパドレナージュのメニューも用意しています。
オープン後に落ち着いたら代謝アップの為のルーシーダットンのレッスンも・・なんて話も。。。

冷え性の方の場合、、意外と普段の呼吸方法が原因で体温が下がってる場合もあるかもなんで
ルーシーダットンに限らず呼吸法の癖を発見できる何かしらのエクササイズを試してみるのも
良いのではないかしらーと思います。

「決められたとおりの呼吸法を行う」ってのは人によっては「面倒!うざい!」と思いがちですが
実際にはインストラクターが力任せに強制できないのが呼吸法ですし
外から見てあーだこーだダメだしできることでもないのですが
「自分の普段の呼吸ってこうなんだー」と認識するだけでも風邪引きにくくなったりという
思わぬ効果もあったのは自分の体験から。。

最近は体温アップと免疫などについて書かれた本も結構出版されているようです☆
a0118331_1029785.jpg
a0118331_10292156.jpg


[PR]
by rusiedatton | 2010-01-19 10:31 | 四方山話
もう終わってしまいましたが上野の森美術館でチベット展開催されてましたね。。
私は上野の森美術館には行かなかったのですが
同時期に東京都美術館講堂で開催されていた
チベット芸術フォーラム主催のチベット医学に関する講演会に行ってきました。
a0118331_962913.jpg

日本に帰化したチベット人医師(西洋医学)の西蔵ツワンさん
日本での薬剤師を経てダラムサラでチベット医師となった小川康さんのお二人による講演&対談でした。

最初は小川康さんによるチベット医学の経典、
四部医典タンカ・樹木比喩図の解説。
a0118331_965139.jpg

人間の気質・体質の分類法、タイプ別に適した食事・行動・薬・処方などを
樹木の葉の中に図で説明してるそうです。
チベット医師になる場合は最初の1週間は歌と踊りの練習、
次の段階が「樹木比喩図」の模型を作るといった順序になるらしい。

次はツワンさんによる講演。
西蔵ツワンさんはチベット人としてチベットに生まれたもののインドのダージリンへ脱出。
戦時中にモンゴル経由でチベットに入国した日本人木村肥佐生氏の尽力により
インドから日本に留学・帰化し(当時は日中国交回復前だった)西洋医学の医師となった人物です。
講演の内容では西洋医学を突きつめる中で自らのルーツやチベット医学への感心を深めたこと、
上野の森美術館で開催されたチベット展を見ての感想などが印象深かったです。

最後はご両名による対談。
チベット医学が漢方やアーユルヴェーダと異なり
解剖学を基礎に置く点が寧ろ西洋医学に近い等の話は興味深かったです。

会の主催はフリーチベット志向の団体でしたので
中国政府要人に宛てるハガキプロジェクトのような事も行ってました。
海外から大量にチベットでの人権問題に抗議するハガキが間断なく届くというのは案外とプレッシャーになるらしく、いくつか実績も出ているらしいです。
こういう方法もあるんだ~とご協力させて頂きました。

日本でもいろんな問題が山積み、
国際的にも地震やら起きて問題が山積みなんですが
チベットの問題は続いてる・・・ということを忘れないようにしたいです。
[PR]
by rusiedatton | 2010-01-18 09:21 | 四方山話

2010年

いつの間にやら年も明け、既に2週間が経過しようとしております(^^;)
ブログの更新も滞りがちですが、、今年も宜しくお願い致します。

さて・・2010年1月11日に大森にて2010年の初レッスンも終了致しました。
初レッスンに参加の方々の50%はタイ古式マッサージの仕事をしてる人だったというのも興味深かったです。

タイに興味のある方でルーシーダットンにも興味がある人は
検索等でいろいろと情報収集した上で御縁のあった方はレッスンに参加して頂いているのだろうな・・と思います。

一方で身体に良いエクササイズをいろいろ探していらっしゃる方や
普段からヨガ等の他のエクササイズを実践している方にも一度は体験して頂きたいとも思っています。

先日、ルーシーダットンのレッスンに参加した事のあるヨガインストラクターの方が
「ツボを押しながらポーズ取れるんだって発見があったから
ヨガのダンサーポーズで足を持つときに湧泉のツボも押しちゃってます♪」と仰ってました☆

何かしらの発見があって普段の仕事やエクササイズに活かして頂けるようなレッスンを
今年も心がけたいと思います。


a0118331_18175776.jpg
a0118331_18181333.jpg





[PR]
by rusiedatton | 2010-01-13 18:19 | 四方山話