微笑みの国タイ発祥のゆる~い仙人体操~ルーシーダットンを続けてます


by rusiedatton

<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

和歌の披講

1月6日に行った講演会は「和歌の披講」とセットになっておりました。

正直・・和歌の披講?何それ? と思って講演会に行った次第(笑)

何でもマドモアゼル愛先生は和歌の披講も研究されているらしい。

ホームページもあります(なんかあやしげですが、、、)

いわゆる宮中の歌会のように和歌を独特の発声&節回しで「詠む」ことを披講と呼ぶらしい。

林純一さんと言う方が披講担当でいらしてました。

説明を伺うと・・和歌を詠むにあたっては倍音が発生しやすい発声が必要とのこと。

参加者全員で発声練習。なんかモンゴルのホーミーみたいな骨伝導音が響いているような?

実は小学生の頃は合唱部だったので発声練習の類は結構好きだったりする。

そしてなぜか全員で大伴家持(百人一首とかに出てくる人)の和歌を詠唱したりして・・・
なんか脳にエンドルフィン出てたかもです。。。(爆)
ストレス解消に良いかもですね♪

いわゆる「読経声」を出してたくて、でもコツがわからなかったのですが
講演会の和歌の披講ですごく良いヒントを頂けました☆

講演を主宰して頂いた方々、、ありがとうございました(^0^)
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-07 19:10 | イベント報告
1月6日は夕方から「2011年分かれ目の年」なる講演会へ。

2011年も活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に動きの遅い星が集まってるので

もう待ったなしで、何かが始まるのですが、
その変化を受け入れない人には、世界はどんどん住みづらい場所となっていくでしょう。


・・・との事。2010年の夏にも活動宮に星が集まるという現象は起きたのですが、
お盆明けあたりから徐々に逆行していっちゃったんですよね~、、

なので、私は自分のクライアントさんには
2010年夏は来るべき変化の予行練習と言ったりしましたが。。
2011年1月23日に木星が牡羊座に入るし変化したい人には良い時期に入るのでしょうね。

自分の2010年夏を振り返ると・・複数の仕事を並行してやっているのですが
そのどれもが忙しかった。。。(自分で主宰するタイプの仕事は仕方なくセーブした。)
経済的不安感が払拭された。  ・・・・こんな感じだったかなあ。

あとはマドモアゼル愛先生の話で印象深かったのは
春分のあたりで経済的に何か大事が起きる可能性があるってこと。
アメリカの債務不履行宣言も有り得ない話ではないらしい。

債務超過から目をそらすためにも軍事衝突は起こされるだろうとも。

春分点は魚座から水瓶座に移動している訳ですし
魚座に象徴される幻想(便利さ・快適さ)を追い求めることから
水瓶座に象徴される自発的な民意の時代になってきてるわけだし
一般の人々が賢くなり軍事的挑発に乗って来なくはなってきてるようです。

そうなると・・債務不履行起き得るかもしれないですね。。

個人的には海王星はいまだ水瓶座にいること、
夏至の日前後に活動宮星座でグランドクロスが起きること、
このあたりがどう影響するかなあという感慨を持ちました。

講演会は占星術の話と和歌の披講という二部構成だったんですが、、
予想以上におもしろかったのが和歌の披講でした。

その件は次回以降の記事で書こうかと思います!
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-07 18:52 | イベント報告
昨日投稿の記事「南極海に奉納された女神」の記事でハウライトをパイライトと間違っておりました。

正しくはハウライトです。
こんな石です。

a0118331_17404292.jpg


無料イベントで頂いちゃって何だか申し訳ないけど
ありがたく頂いてます(笑)

初詣ツアー主宰のポテンシアさんの商品なんか持ってるかな~と考えてみると・・・

癒しフェアで買ったクリスタルチップとアメジストチップかなあ。。。。

a0118331_17564141.jpga0118331_17564982.jpg



私はこれを薬草塩枕(タイハーブ入り)の枕カバーポケットに入れて毎日使ってます(^^)

薬草塩枕はこんな感じ↓
a0118331_1803219.jpg


もともと薬草塩枕はバンコクで通ってた学校の同窓生が製造しております。
昨年も癒しフェアに出店してましたっけ。。

わりと珍しいものを日常的に使ってるのでもっと発信して
入手できてることにも感謝しなきゃですね~、、、

寒いとダラダラ過ごしがちな私ですが頑張ります☆
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-07 18:09 | 四方山話
今日はこれから懐かしの(?)占星術師マドモアゼル愛さんの講演会に行ってきまーす!

名前から見ると女性ですが・・・実態は(笑)

10年以上前ですがマドモアゼル愛さんの著書は結構読んでました。

最近読み直してるのは、これ↓

a0118331_17135019.jpg


「森と平野に分化定住する時代」です。

1997年に出版されてますな。。。

昨年秋に出版された高坂勝著「減速して生きる~ダウンシフターズ」と合わせて読むと
なかなか興味深いけど・・まだまだ日本は平野的な経済を目指してるのかなあとも思え。

どんな話を聴けるのか楽しみです♪
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 17:19 | 四方山話
昨年12月にアートセラピーをする方の個展に行く機会がありました。

主宰者のMerciさんは以前からルーシーダットンとベリーダンスのワークショップやら
ドリームキャッチャー作りやら仙人の厨房やら色々来て下さってたのですが
タロットカードのリーディングもなさるのですよね。。。

一緒にパステル画のセッションを受けた方はオラクルカードのリーディングでの出店だったそう。

何となく3人で雑談してて違うカードのリーディングしてる人が
何人か集まって勉強したら面白いのでは・・という話題になっていきました。

私はクリスタルアライカードのリーディングをしてるから
マナカードのリーディングする人を呼んで4人くらいで開催してみる?・・と。

年明け早々、以前からの知り合いの風水カウンセラーの方
マナカードのリーディングをなさってることが判明。

何やらトントンで1/26(水)に顔合わせがてら初開催の運びになりました~。。
ついでに預言カフェも行くことになってしまった。

カードリーディングでも新しい波に乗れれば良いなあと思います♪
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 17:08 | クリスタルアライカード

梅屋敷の天然酵母パン

初詣後の交換セッションでは風水カウンセラーの方から天然酵母のパンを頂きました。

梅屋敷のPOLKA DOT(ポルカドット)さんのパンだそう。

ハードタイプのパンですが中は柔らかいし食べ応えも十分!

高尾駅のターミナルにあるお店(白神天然酵母のパンを売っている)で買った
ソイマヨネーズとの相性も良かったです!!

画像は食べたパンの種類とは違いますが、、、
まあこんな雰囲気でした。。。。

a0118331_16531841.jpg

[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 16:54 | 四方山話

マナカード

初詣後に地元に帰ってから急遽知り合いの風水カウンセラーさんと会うことになりました。

風水カウンセラーさんのほうは既に初仕事を終えて来たところでした。

私はクリスタルアライカードを持っていたので早速の交換セッション。

私が引いたカードはこれ ↓

a0118331_16375511.jpg


ママラホエというカードで折れた櫂が描かれています。

自己中心になるなという意味と
おせっかいを慎むという意味をもったカードのようです。。。

櫂といえば・・・走水神社に「櫂の碑」がまさにあったんだなあ。

a0118331_16401684.jpg


走水では1600-1700年くらいヤマトタケルの時代の櫂を集落で祀ってたらしい。
現在では失われてしまっているようですが。。。

これも一種のシンクロでしょうか(笑)

カードリーディングに関しては昨年12月にちょっとこんなのやってみては~という企画もあり、、
今月中には実行してしまう流れのようです。

そちらの件はまた記事を改めて☆
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 16:43 | クリスタルアライカード

水琴窟

横須賀の走水神社には「水琴窟」と呼ばれる音を楽しむための庭園設備(?)があります。

a0118331_16294882.jpg


ウィキペディアなどで見る限り江戸時代の日本で生まれたもののようです。

日本以外の外国にはないのかな?
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 16:31 | 四方山話
さて・・走水神社に到着。
祭神はヤマトタケルノミコトとオトタチバナヒメです。
a0118331_1617763.jpg



↓の画像は昭和に入ってから彫られたレリーフですが
a0118331_16172358.jpg
南極観測船にも同じレリーフを
載せていたそうで
氷山に囲まれたときに
レリーフは割れてしまったが
船と乗員は無事。


割れたレリーフを南極海に奉納したという経緯があるそうで。。。
オトタチバナヒメの伝承でも海に身を投げたことで
無事に航海を続けられたということもあり、、
海の女神と考えられているようです。。。

画像ではわかりにくいですがレリーフの背景は舟を漕ぐ櫂の形をしています。

神社境内には他には勾玉岩と呼ばれる大岩(小田原産らしい)の碑があったりしました。

最後に案内人の方からハウラウトを渡される。

ウサギ年だし白くて丸っこくて兎みたいな石だからと。

参加者全員ハウライト持ってたら少し陽が射して暖かくなったような気がした初詣。。。

a0118331_16245261.jpg

[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 16:25 | 四方山話
初詣に走水神社に行く前に昨年走水に行った友人から

「走水には富士山の霊水が湧いて出てるから
空のペットボトル持って行くと良いよ~」

・・・と言われました。

横須賀と富士山はずいぶんと離れてるのにな・・と思いつつ
空のペットボトルはしっかり持っていった(笑)

駅から神社に向かうまでにヴェルニーの水と言われる名所(?)もありましたが

案内人の方、「塩素入ってますから次に案内する場所で汲むのがお勧めです」

次に案内された場所はこんな感じの場所↓
a0118331_1642443.jpg

とあるお寺が管理してるようです。

富士山の伏流水が50年かけて走水に湧いて出てるそうですが
案内された場所の湧き水は昔から味が変わっていないとのこと。

確かに美味しい水でした。
(水道法的には微妙なので飲用は自己責任に基づいてと取水場には明記されている。)
ペットボトルに汲んできました。

走水神社の境内にも湧水スポットはありますが
近年で味が変わってきてるような気がするとのお話。
一応飲み比べはしてみたけどお寺の湧水の水と神社境内の水は味違うかも。。

高尾山の湧水も30-40年かけて湧いて出てるようだから
その間に工事とかあると味が変わってきてしまうのも仕方がないことなのかもですね。

今起きてることが30-50年後の湧き水に影響することもありえるんだなあ。
今現在おいしい湧き水に出会ったら過去の人たちに感謝しなきゃですね・・☆
[PR]
by rusiedatton | 2011-01-06 16:13 | 四方山話