2018年8月、タイトルを泰国的仙人体操から泰国的仙人生活に変えました。


by himapaan
バンコクのオンヌットのHermit Heb School&Salonには
設立当初から教室と同じ棟にゲストルームがあります。

そのうち、ゲストルームだけだと泊まる部屋がないというときは
施術場所として新設された別棟の
ジャスミンルーム(命名byイサーンの仙人)を
ゲストルームとして使用するようになっていました。

そしていよいよ、別敷地に3つ目のゲストルームが誕生しました。
これを機に最初のゲストルームには
パンダンリーフルームとHP管理人権限で命名(笑)

別敷地の新ゲストルームの名前を募集した次第。

結果はプルメリアルームになりました。

詳しい情報は日本語公式サイトに掲載しています。
新しい情報や補足はFacebookページにも掲載していますので
アカウントお持ちの方はいいね宜しくお願いいたします。
a0118331_16413228.jpg











[PR]
# by rusiedatton | 2018-10-21 16:49 | 連絡事項
10/17の21:30時点の暫定スケジュールです。
a0118331_21370962.png
a0118331_15575568.png



































Facebook上に当ブログの補足ページを作成しました。

Facebookページ開設に伴いティウ先生から頂いた画像。
a0118331_21414509.jpg





  タイトルはナーンのたわわなバナナww
  タイでは青いバナナを油で揚げたりします。
  殆どの果物は身体を冷やす働きがありますが
  バナナは身体を温めますよー。

[PR]
# by rusiedatton | 2018-10-17 21:45 | 連絡事項
バンコクのHermit Herb School & Salonは
10/13と10/14は休校となります。
11/02~11/06も休校を予定しています。

a0118331_15565675.png
















a0118331_15575568.png

[PR]
# by rusiedatton | 2018-10-13 16:00 | 連絡事項
10月1日時点の暫定スケジュールです。
11月以降を確認したい方はスケジュールページへ。
a0118331_00052966.png

[PR]
# by rusiedatton | 2018-10-11 00:06 | 連絡事項
先々月は久々にバンコクへ行き、Hermit Herbを訪問&宿泊、
先生や生徒さん方とアンパワーに行きました。

タイから実家に帰ってみると何と母が黒ニンニクを食べていて驚愕。

3年前に茨城の素敵なご家族から頂いた黒ニンニクを
実家に持ち帰ったことがありましたが
何かその時はそんなん喰えるかとか罵詈雑言だったのです。

・・が、、、何故か食べられるようになっていて食べている。
不思議。

母は3年前にガンの摘出手術をしたのですが
家で私がマッサージやトークセンをしようとすると
怒り出したり、私の腕が後で蕁麻疹みたいなのが出て痒くなったり。
ガンの人への施術というのは難しいものがあるなと痛感。

母のがん手術⇒黒ニンニクを拒否られるという流れで
その後にティウ先生のご厚意で東北タイに住む仙人に会えましたが。
a0118331_15072689.jpg






















私への施術を行った後に仙人の腕には蕁麻疹のようなものが出て
施術料として支払ったタイバーツが戻ってくるというまさかの展開に。

その時は私の金銭への執着でそうなっているというふうに思ったのですが
今となっては「切られた」母のガン細胞の怒り、なのかもしれませぬ。
切除後の母の切られたガン細胞は執刀医から直に見せて頂いてましたし。

切られたガン細胞の怒り=蕁麻疹と結びつかなかった理由の一つとしては
黒ニンニクを頂いた茨城のご家族のお父さんもガンサバイバーながら、
その家でご家族に施術しても不快症状は一切ありませんでした。
術後に自らの健康のために黒ニンニクを作って食べてるそうなので
効果が出ていたのでしょうね。

そして黒ニンニクを食べるようになった母に接していても
蕁麻疹は今のところ出ていないし、以前ほどは怒りっぽくはなってないような。

ガンを患っている、治療後に経過観察中・・の人と接する可能性のある人は
家にあると良いんじゃないかな、と先月は黒ニンニクのペーストをタンブンしました。
a0118331_15205678.jpg





























仙人に2年前に現金で支払えなかったため、
どうやら定期的にタンブンして支払っていく流れになってしまっています。
そもそもが、Hermit Herbのホームページも広い意味ではタンブンです。

タイでも黒ニンニクが作られるようになると良いんですけどね。

今後のタンブンですが、ステンレス製の南京錠を考えています。
雨季のタイでは錆びる素材の南京錠は閉められない、開けられないということに
なってしまいがち。そこそこ大きいものを送ったほうが良さそうです・・・。
a0118331_15305641.jpg














タンブンは楽しみながら・・・・・。

暫定スケジュールも地味に更新中。



[PR]
# by rusiedatton | 2018-10-07 15:32 | 四方山話